Satsuki Harmony

音楽で食べていけるか?

音楽で食べていけるか?

音楽でしか救えない生命がある。

音楽の道に悩んだ時、支えられた出会い。

「大丈夫。お前の瞳には光がある。

 お前の心には、原点がある。

 続けていきさえすれば
 必ず成れる。

 みんな、
 続けていかなくて、やめるんだ。

 そして続けた者が残るから。」

 

私が、19才の時、

「歌手を目指したい!」と言ったことに、

離れて暮らす母が心配して、

両親の友人であった

「冒険画家の中村勝人」さんを

紹介してくれました。

 

 

中村さんが言ってくれた言葉と、

会うたびに「さつきは大丈夫」と

励ましてくれたことが

ずっと心の支えでした。 

 

今、あらためて、本当に中村さんや

中村さんからの音楽家の方との出会いに、

学び、支えられたなと思い出しました。

 

感謝を込めて、この場で、

紹介させていただきます。

 

中村勝人さんは、

シルクロードを横断中に、

車が壊れ、砂漠で命からがらで、

キャラバンに助けられたり、

イランで(外で絵を描く事が禁止な為)

逮捕されて、たまたま絵のお客様が、

偉い人だったから、釈放されたなど、

ほんとうに面白いエピソードを

沢山お持ちの方であり、

素晴らしく「深い蒼」を描く方です。

 

 

歌ってなければ死んでた。

「音楽で食べていけますか?」

進路を悩む若い子達だけでなく

一度、社会に出たものの、

音楽活動をしてはいるものの、

続けて行くことに不安を持っている方、

本人からや、そういった悩みを持つ

親御さんから、

相談を受けることがあります。

 

 

それは、正直なところ、

私にとっては、とても真面目で

責任を感じる質問なので、

安易に答えられないなと思います。

 

 

本人が、

「音楽」に何を求めているか?

によるし、その度合いにもよるから。

 

できるか、どうかでいうなら、

『本気で望んで、
やれば絶対できる!』
です。

 

でも、それが

『本気で望むか!』の前に、

『音楽が死ぬほど好きか?』の方が

大事な答えだからです。 

 

その『好き』が、

『誰かに届けたい想い』を生み

『誰かに届ける勇気』を湧かせ

『誰かに届ける行動』を起こさせる

『モチベーション』の土台になるから。

 

 

それは音楽に限らないことだと思います。

「ダンス」や「アート」

「写真」「料理」「手芸」

そして、それらは、すべて、

『人と出会い』で成り立ち、

その『人とのコミュニケーション』から

『仕事やビジネスに繋がる』からです。 

 

 

そして、

さらに、その『仕事』から

彩りや喜びが湧き

更なる『インスピレーション』や

『モチベーション』を

与えられるから。

 

 

私は、『歌っていなければ死んでた。』

大げさなようで、

本当にそう感じています。

 

普通や楽は得られないけど音楽でしか得られない特別を求めるなら。

私は、

元も素も言葉にすることが苦手です。

特に私的な感情については。

人に誤解されることも多かったし

幼稚園に行けなかったり

馴染めなかったりイジメられたり。

自分の想いが言えず、家族にさえ、

言おうとするとただただ涙しか出なかった。

テレパシーで伝わるなら、

心を開いて感情を見せられるなら

どれほど楽なんだろうと思ってた。

だから歌を作り始めたし、

人前も苦手だったけど強くなりたくて

身体じゅう心臓かぐらいに緊張しながらも

ステージに臨み続けました。

緊張し過ぎて無我夢中で歌いきると

意識が飛んでいて、

MCや進行を間違えることがほとんど。

国内外それなりのステージを経験して

だいぶ慣れましたが、

今も根は変わりません。

 

私に『歌う術がなければ』、

生活することはできたとしても、

イジメ、誤解、病気、

極度のコンプレックス、

緊張症、トラウマ、社会不適合者、DV

HSP(非常に感受性強く敏感な人)、

感情の激しさと生まれつきの苦難に、

『心が病んで、人間関係も病んで

 結果、身体も病んで、

 生きていたかどうか。』

大げさではなく、

『音楽や歌う術』が無かったら、と思うと

恐ろしくて考えたくないです。 

 

 

たぶん、これは、少数派ではなく、

国内外のアーティストの多くが、

そういう背景を持っている人が多いです。

 

有名な人の背景しか知れませんが、

特に、(私は別として)

カリスマ的な人気を持つ人たちは、

ほとんどの人が、

「死ぬギリギリの心身の状態」を

経験したことがある人が多いです。

 

 

もちろん

『音楽で生活するのは大変』

衣食住で見るなら、楽器や機材、

スタジオ代や色々とお金はかかるし

練習や制作時間もかかるから、

音楽以外の遊ぶ時間もなく

一般的な暮らしからは余裕ないと

思われます。(相対的、人による)

 

でも、それ以上に、

お金では買えない『生きること』

お金では買えない『心の健康』

お金では買えない『豊かさ』を

得ることができ、

 

今もなお、

プライスレスな『彩り豊かさ』

人生にもたらしてくれています。

 

それは、何より『人との出会い』

『応援されてきたこと。』

『喜んでもらえたこと。』

『美しい涙と笑顔。』

『子供たちのキラキラした瞳』 

『叱咤激励』

 

それが、私に『生きる力』を与え、

「もっと喜んでもらいたい。」という

向上心と

『エネルギー』を与え続けてくれたから。

まだ生活に余裕のない頃でも、

それを『原動力』にして、

『大変なこと』や『苦しいこと』

たくさん乗り越えてこれたけど、

その頃には、

「ああ~もっと余裕があったら~」と

思っていたけど、

それなりに余裕ができた今の方が、

その『人の笑顔や応援』

『プライスレスな豊かさ』

何より必要な『生きる力』となり

支えられていると痛感しています。

 

 

身一つで国内外とどこへ行っても、

『歌声』さえあれば、

『お互いに
一生忘れられない出会い』から 

瞬時に『彩り豊かな深いご縁』が結べ 

そこから『仕事』に繋がっています。

 

 

ほんとうに

『歌を通しての人との出会い』がなければ、

人生貧しく虚しくつまらな過ぎて

死んでいた、か、

死んだような目をしていたと思います。

 

それは、

「食べているか」

「有名かどうか」

「売れているか」

「テレビ(古い?)に出ているか」

 

本当に、それは、

「私を生きること」から考えたら、

私には、特に、今となっては、

どうでも良い小さなことでした。

 

とくに、最近、音楽業界や

芸能界の闇が

浮き彫りになってくるのを見ると 

私が、「心から求めていたもの」は、 

すでに叶っていたし、

メジャーな世界にいなかったことで

「生きる」ことを護られたんだな、と

思っていたりもします。

 

好きなら「継続」するべき!

好きを見つけるために浪費をする大人になるな!

「生活のために仕事をする。」

「好きなことでは食べていけない。」

でも、その価値観を追いかけた結果、

モノに必要以上に溢れても

心が満たされず、

昔に見失ってしまった「好き」探しや

諦めてしまった「好き」を取り戻しの為に

多くのお金を浪費してしまっている大人が

本当に多いことを感じています。

 

あの頃は、

「好きなことがあることが辛くて大変。」

でしたが、

今は、「好きなことがあって、

本当に幸せ者。」だと心から思います。

 

 

総アーティスト時代!

今の時代は、総アーティスト時代、

SNSyoutubeによって、

リスクなしで、

いくらでも自己表現ができ

人との出会いや交流が生まれ

『仕事』をつなげていくことができます。

編集技術と熱量があれば、

皮肉にも、「音楽的実力」が

必要なかったりします。笑

10年前に比べてさえ、

はるかにチャンスは多い!

 

音楽に何を求めるのか?

そもそも「やりたい」

「好き」なのであれば、

間違いなく「やるべき!!!」

 

「下手」なのではなく

「才能がない」のではなく

「練習すれば良いだけ!」

 

自分に合った練習方法を教えてくれる人

自分のモデルになるような人

憧れる人を見つけて 

とことん真似して学べばいいと思う。

 

会えるチャンスがあるなら、

高いチケットでも、遠くても 

絶対に見に行って会った方がいい!

そのうえで、

迷いや悩みが出て来たときは、

力になれたらと思います。

 

 

あなたの夢をサポートします!

【魂の声リーディング】click!

 

『魂を輝かせる
宇宙 I ヴォイスヒーリング』
 フリーレッスンはclick!

 

 

次回は、

『夢を叶えること以上に、

 夢を目指すことで

 得ることの方がはるかに大きい。』

について、お届けしていきますね。

 

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください