Satsuki Harmony

女性として医師として最善を天子が導く

迷った未来の最善を導いてくれた

お腹の中の子が連れてきた。

今年の五月に
四国からはるばる糸島まで
ヴォイスヒーリングリトリートを
受けに来てくれた
女性医師の方が

今度はお腹の赤ちゃんと一緒に
再び、受けに来てくれました。

 

出会ったキッカケは、
夏至のタイミングで行なった
モロッコリトリート。

 

行くことを希望されて、
募集定員オーバーで
締め切りが過ぎての連絡でした。

 

旅先では「信頼」が重要なので
リトリート前にセッションを
受けて頂くこととなっており

医師という立場で
なかなか時間と責任の融通が利かない中
<強い意志>と<行動力>で
来てくださいました。

 

しかし、モロッコリトリートの直前で
妊娠が分かり、
モロッコへは行けなくなりましたが
代わりにまた
糸島リトリートに来てくれました。

 

『やはり前回とは違って
腰も重く簡単でもなく
勇気のいることでした。

でも、お腹の中の子が
ここへ来たかったんだと思います。』

 

 

女性として
妻として
医師として
アーティストとして
人として
何を望み
何を選べばいいか。

前回、

来てくれた時の彼女は

もうすでに、

それまでの人生も

自分の意志で決め

自分の力で歩んでいました。

 

ただ、彼女は医師の中でも

難病を研究し扱う日本でも

まだ数少ない重要な責任のある方でした。

現在の医療のしがらみを懸念し 

人の心身の健康を願いながらも

 

一人の女性として

妻として

医師として

アーティストとして

広がる未来と可能性の大きさに
迷っていました。

ただ私に見えたものは

どの道をとったとしても

『彼女の魂がより輝くこと』

それによって

『周りも光に照らされていくこと』

『最善であること』

でした。

『何が最善かは
人智では分かりません。

 できることは
最善に進むと決める。ことだけです。』

 

『大丈夫ですよ。』と。

頭で分からなくても
腹で感じている答え。

今回、彼女は、

迷っていた未来の選択も明確になり

取り立てて、

悩みや問題があったわけでもなく

母子ともに

よりよくヒーリングされることを

望んでいました。

 

ただ

本人は大丈夫だと楽観的だけど

周りの反応に少しだけ

身体の変化を心配されていました。

 

ですが、ヒーリングが始まると

無意識に溜まっていた滞りが

溢れてきてデトックスされていきました。

 

 

問題だと思っていたことは
本音を守ってくれていた。

子を授かる
子を育む


ということは当たり前ですが

 (シングルか夫婦かの問題ではなく)
一人で育てていくことができません。


私たちは、

まだまだ法律やこれまでの常識のために
医療や妊娠・出産・子育てに
方向性や価値観の違いで
「摩擦」が生まれることがあります。


でも、大元の『幸せ』を願う

愛情には変わりありません。


本人や子供の意志とは別に

<させられてしまう>ことも
あります。

 

母親としても
医師としても
一般常識ではない
いろんな真実を知っていくと
彼女には
周りとの考えや感覚の違いに
ストレスが溜まっていました。

 

そして、
カウンセリングを進めていくなか

周りに問題と言われ
彼女も少し心配になっていた
<身体の変化>は

実は、彼女の本音と意志を
守ってくれていたものだと
分かりました。

 

そして、
これからいよいよ
たくさんの人と関わりながら
母子ともに家族で

この地球おいて
希望と力と宝でしかない
ひとつであり全てある
生命を育んでいくうえで
必要な意識と
メッセージを
伝えさせてもらいました。

 

どんどん彼女のエネルギーが
より繊細で穏やかに
より軽やかに強くなるのに
私も一緒にヒーリングされました。

 

 

 

かけがえのない瞬間を
歌にする癒しと力。

そして、セッションの流れから

当初のプログラムではなく

私が提案したのは

もう二度と感じることのできない

『お腹に赤ちゃんがいる』という

今この瞬間の

湧き出てくる喜びや

噛みしめる気持ちを

歌にする。ということでした。

それは、今もこれからの先も

自身にもお子様にとっても

かけがえのない

他には代えることのできない

ヒーリングであり力になりますよ。と。

 

私のヴォイスヒーリングでは

天からのインスピレーションと

地球からの創造エネルギーを繋げ

パワフルに活性化させていきます。

 

 

翌日のセッションで、彼女は、

『朝、砂浜を歩いて
海や空や風から
インスピレーションが
湧きました。』と

母親として
「お腹の中にいる赤ちゃんへ」

とてもとても優しい
とてもとても美しい歌と声を
聴かせてくれました。

私は

「この地球であり 
 私の夢を叶え
  育んでくれて
 ありがとう。」と 

 感謝が溢れました。


世界じゅうの
母たち
特に日本のママたちには
本当に尊敬と感謝が溢れます。

 

 

神や皇族も休んだ
子産みの地・深江

彼女との話の中で、
ふと一年前に
オハナモアナに
神様が休みに来たことを
思い出しました。

(ブログではその時の
 重要な秘密は言えません。)

同じ天命のある縁に
お伝えしています。

 

神様連れてきてくれた方は
生き方も行動も人柄も
尊敬している
ハワイ島を拠点に
ご神事を行なっている

Keiko・Forestさん。

ケイコさんと私とのドラマはこちら。


そして、ケイコさんとちょうど

一年前にもお連れした場所。

知る人ぞ知る。

鎮懐石八幡宮。

ここは、
日本歴史で唯一女帝だった
神功皇后が
天子の安産のために
祈願し休養しに来た場所。

 

この辺りは、のちに
豊臣秀吉が千利休と
茶席を設けていた場所。

大変エネルギーの高い
気の良い場所とされています。

皇族が海路で行き来した糸島・深江
神事の始まり〜壱岐との繋がり

 

そこへ一年前と同じ日に
再度訪れる不思議。

彼女と共に
『地球の平和祈願』
『安産祈願』を行いました。

 

ここでの食事だけで
来た甲斐がありました。

オハナモアナから砂浜を抜けて
歩いても行けるところに

タイ人シェフが作る料理を
海を望みながら楽しめる
タイ料理屋
ドゥワンチャンがあります。

タイ料理が大好きという彼女を
お連れしました。

『うわ〜ハワイみたい。』
(タイ料理ですけど。)

『ここに来ただけで  
 はるばる来た甲斐がありました。』と
 喜んでもらえました。

 

新たなステージへ。
リトリートは年内で
終了します!

これまで、
オハナモアナの
リトリートを通して

たくさんの方の
素晴らしい奇跡の変容に
感動と喜びを
分かち合っていただきました。

 

ただ今私は
地球に生きる務めとして
次のステージに入っています。

 

そのため、リトリートを
今の体制で継続することを
卒業することになりました。

 

また新たにより良い形を
より多くの方に
提案していきたいと思います。

 

なおヴォイスヒーリングは
読むだけでも
変容の報告を頂いています。

 

ぜひまだの方は
こちらのフリーレッスンを
お受け取りください。

11月11日には、
リニューアルします。

それに伴い、
フリーレッスンの情報も
配信も終了となります。

 

宇宙の愛と繋がり
自分の声で魂を輝かせる
SATSUKI
VOICE  HARMONY
FREE LESSON
(上下バナーと同じになります。)

愛を込めて。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください