Satsuki Harmony

光を得たいなら闇も受け入れる。

光だけに見えても
闇も抱えている。

あなたが羨ましがったり
憧れる相手は
 
楽しんでいるけど
楽をしているわけじゃないし
 
高く昇っている分
深く掘り下げている。
 
光っている分
闇があることも受け入れている。
 
見えている部分に比例して
その反対も両面とも合わせ持っている。
 
 
その両面を知り、受け入れ、
両方を持つ覚悟をし
両方を抱えるだけのタフさがある。
 
 
過去の傷も闇も
弱さもダメな部分があっても
それも含めて
それがあるから自分なんだと
自分を信じ愛している。

 

楽じゃない
大変でもいいなら、

 

同じように、
光を放ちたいなら、

その反対も

両方持つ覚悟で
両面を抱えるなら、
簡単に望みは手に入る。

 

貴方だって
美しく輝いている。

私が尊敬する
素敵な女性たちは

太陽より明るい笑顔と
月のように柔らかい優しさと
海のような包容力を持ち
大地のように豊かな力を持っている。

でも、
彼女たちのストーリーを聞くと、
想像を絶する辛い過去や
厳しい試練を抱えていたりする。

 

彼女たちが、

今「普通に生きている」こと自体、

奇跡だと思わせる。

 

一切見えないけど。

 

『私ってダメなのよね〜』と
言いながら、強烈な笑顔が
美しく光っている。

 

乗り越えた !
叶えた !
成功した!
開花した!輝きより

 
悩み迷い恐れがありながらも

変わろうとする


前に進もうとしている
挑戦している姿の方が
美しい。
輝いている。

 

 
あなたが羨望を向けるべき相手も
エネルギーを注ぐ場所も

自分自身であってほしい。

 

 

 

これまでの認識の崩壊

大丈夫。

本来の「真の意味が蘇る」。
ということ。
 
自由
調和
自分らしさ
女性性と男性性
 
これまでの感覚や認識も

崩壊し、変化しているから。

 

だからこそ、
枠を越えてでも
これまでの自分を壊してでも

自分の内からの感覚に
とことん従う。

それが合っているかどうかさえ

 これまでの感覚や価値観で
判断できないということ。
 
行動する前に答えは出ないし、
 
1、2回やったくらいは

やったうちに入らない。

 


少し試しただけで、

「私なんか」
「私にはできない。」

それは、
とてもとても残念なこと。

 

 

 

そうでない自分も
ただ
全力で感じればいい。

とことん全力でやって、
 やり尽くした先に、
 
自信も自分らしさもある。
 自ずとそうなる。

 

力を抜いていい
自然体でいい
自分らしくでいい
ありのままでいい

 

その逆を
とことん感じきって
味わいきって
体験しきってこそ


力が抜けて
自然体になり
あなたらしく
ありのままでいられる。
だから、

今そうでない自分でも
順調だから
受け入れてあげよう。
ほめてあげよう。

 

About The Author

Satsuki Harmony
Messenger, Life Artist, Singer&songwriter
Voice healer,voive producer
"okami" of ohanamoana retreet stidio

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください