Satsuki Harmony

messenger,artist,singer&songwriter,voice producer,okami

傷だらけで深い闇にいた私が起こした奇跡。

 

宇宙からのメッセージ。

傷だらけの貴方こそ
美しい

失敗だらけの貴方こそ
素晴らしい

うまく進めない貴方こそ
繊細で純粋なんだ。

 

でももう、その一幕は終わり。

これからの舞台は、
そんな貴方だからこそ

愛と喜びと豊かさに彩られた

貴方らしい世界を

創造していける。

だって私がそうだから。

この私でも
できることだから。

貴方と私は同じ愛だから。

喜びと愛に溢れた今の私


10年以上夢見ていた海辺の暮らし、

毎朝、大きな窓から差し込む光に目覚め
澄んだ空と青い海を眺め、
茜の夕陽に癒され


夜の静けさの中に
月や星を部屋から臨み
潮騒の音に包まれて眠る。

友達が作ってくれたお米や野菜を
地元で作られた調味料と
この地を流れる水で
料理し食す。

そして

自分の人生を通して生まれる
自分の言葉と声で
自分の歌を創り
歌い奏でることができ
それに
魂から喜んだり泣いたり
笑顔で聴いてくれる人たちがいる。

自分の体験をもとに生み出した
ヴォイスヒーリング
その人自身の本来の声や
輝きを引き出し

魂から繋がる素敵な友人たちがいて
敬愛する人たちがいて
信頼できる頼もしい仲間がいて

ほんとうに本当に
幸せ者です。

その分、
抱えている責任も課題も大きいけど
それ以上の生き甲斐と感謝で溢れています。

でも、つい半年前の私には、
今の生活は全く考えられないものでした。

 

大地震でガタガタと崩れ壊れた

二年前

十年以上続く
時には救急車を呼ぶほどの
原因不明の激痛と体調不良に悩まされ

仕事もできない
健康でもない
体力もない
お金もない
キャリアもない

唯一自分を保っていた歌も
歌えない

アレルギーで外に出られない
人にも会えない

自信も気力もなくなり

そんな最低な状況の中、
追い打ちをかけるように、

熊本大分大震災をきっかけに

アーティストとして、
女性として
人として
すべての自信を奪われたような
最悪な出来事が起こりました。
(ここからの詳細は、メルマガで。)

ショックで打ちひしがれても
誰にも相談できず
自分と向き合うしかなく
ただただ明日を信じて
自分が今できることだけに
集中して、
「自分軸戻し」が
始まりました。

墓場まで持って行こうと
思っていた両親への感情と
絶縁覚悟で向き合い赦し

顔じゅうが赤くただれた
アレルギーは、

病院にも薬にも一切頼らず
自然治癒力を信じ
生活も自分も
徹底して見つめなおし
半年以上、
ほぼ引きこもりの生活から

自らの意志で
意識の変容させ克服した。

ひととき、
原因不明の病気も
心深く抉られた傷の痛みも
おさまったかと思った。

 

でも、そこからこそ
「私の本当の自分に還る」
闘いとも言える旅の始まりでした。

一ヶ月で、
ソロでも歌って行けるように

今までと違う手法で曲を作り
ギターを練習して表現の幅を広げ、

音楽理論や専門用語分からず
ディレクションが苦手だけど
新しい人とバンドを組み

一緒に曲を作ったり練って

私のことを知らなかった
たくさんの人たちの前で、
LIVEをした。

初めてなのに、
泣いて感動してくれたり、
LIVE後、何度も
お礼を言われたりして、
やり切れたことが
本当に嬉しかった。

そして、数年ぶりに
東京で呼ばれたイベントでソロLIVE。

懸念していた病気の発作は
再発しなかった。

買ったまま一年以上眠らせていた
機材や音楽ソフトと格闘して

セルフレコーディングも覚えて、
動画も作るようになり、

絞り出すように丁寧に
かつ一気に何曲も書き上げ、

ソロとしての初LIVEは、
アーティストとしての成長と
自信を感じるものにできた。

「もう大丈夫。」

そう思えたし、
生きているだけで良いんだ、

そう思えた。

なのに、、、

人生の転機となった旅。

ニュージーランドへ

人生初のバックパックを背負い
山小屋に泊まりながら3日間の山登り。

”Great Walks”

1ヶ月近くニュージーランドの南島を巡る。

自然が見せてくれた美しい光景と
魂を揺さぶられた涙は

一生忘れられないと思う。

そこで出会った数々の奇跡の光景と
そこで触れた、たくさんの愛に励まされ、
もう一度、

「私を生きる」ことを決断。

ようやく自信を取り戻せた矢先の大崩壊

リコン。親との絶縁。

本当は一年前に起こっていたことを
双方の両親に話した。

起こった時は、
まさに熊本大分地震があった渦中で、
地震で揺れているのか、
その出来事のショックで
自分が震えているのか
分からなかった。

誰にも話せず、
受け止め切れず
無かったことにしていた、だけ。

「私が言わなければ、
今の暮らしのままでいい。

「私が我慢すれば、
誰も悲しまない。」

また抱え込もうとしていた。

絶望の中での大きな挑戦。

それなりに名前のある
数百人規模の会場での
LIVEと映像のショーが決まっていた。

その準備期間に、
離婚の話し合いで
心身ともに大崩壊して、

重度の手足口病にも罹り
それが顔に飛び火して、
アレルギーが再発し、

さらに愛猫が行方不明になり、
一ヶ月戻らず打ちひしがれ、
ノイローゼにもなり

突き付けられる強制終了。

やっぱりダメかもしれない。
私が間違っているのかもしれない。

でも、失敗しても
とにかくイベントをやり切る。
自分の願いと責任を果たそう。
この世に
生まれた役割を果たしたい、

そう思い直しすことに集中した。

映像とLIVEの舞台
「アオニトケル」
〜境界のない一つの世界へ〜

直前のリハまで一回も合わなかったのに、
奇跡的に成功した。

そこで直面した問題も
そこからの気づきも
今なら分かる。
(詳細はメルマガで。)

「本当の私に還る」38歳からの挑戦。

家族と絶縁しかけた離婚。
(ここでの気づきが大きなギフト。
気づきのシェアはメルマガで。)

全生命力が尽きた先に、

残された大きな家とローン。
仕事もお金も何もない。
先の見えない不安

想像もつかない
大きな責任とプレッシャー。
(詳細はLIVEで。)

 

まさに
「清水の舞台から飛び降りる」決断。

なんの知識もないまま起業し、
なんの自信もないまま
できることを商品として組み立て
資金計画や工面やら

引越しから生活環境と
人を招く空間を整えること

ホームページを立ち上げ
発信して告知して、
企画して運営して、
ヒーリングセッションして
LIVEして、
ゲストをもてなして

掃除や洗濯、炊事、片付け
大きな窓掃除などの
日々の雑務と家事と

考えることも、やる事も有りすぎて
頭がずっと飽和状態のまま

寝る間も食べる間もままならないほど
ただ目の前にあることを
朦朧としながら、やっていった。

ほとんどのことが初めてで、
自信なんか無かったけど

ただやっていくしかなかった。

人は未知のものには恐れを抱く。

でも、それを知る前に
恐れが消えることはないし、

完璧に
準備ができることなんてない。

ただ怖いままに
始めるしかない。

やってみるしかない!

直感も決断も間違っていない。

それが分かるまでに、
時間はかからなかった。

初めから、
訪れる人や出会う人が、
昔から知っていたような
深い縁を感じる人ばかり。

今は、
クライアントの皆様に支えられ

ゲストの方の笑顔や
応援してくださる皆様に励まされ

ほんとうに毎日毎瞬に奇跡が起こり
生かされていると感じています。

そして、
今、私が心から伝えたいことは

誰だって
いつだって
どんな状況にいたとしても

自分の内を見つめ
深い「魂からの声」を感じ
正直になって

自信がないままでも
怖いままでも
ただただ行動していけば

必ず
奇跡が起りはじめ
気づいたら、
山越え谷越え
目的地にたどり着けるということ。

宇宙に導かれ大きく変容した秘密。

この私のストーリーは
あくまで簡単な【あらすじ】です。

魂に気づきを起こす波乱万丈な
シナリオは、
本当は小さい頃から始まっていました。
(詳細はメルマガで。)

なぜ、
どん底でボロボロだった私が
半年もかからず
長年の夢や理想を叶え、

愛に溢れ
豊かさが流れ込み

最幸を感じ生きているのか?

そして、
この傷だらけの人生で培った
今のありのままの私の声と姿。

どう見えますか?

今、
一年前の私と同じように

「私なんか」とか

「私には何もない。」と

思っている貴方にこそ、伝えたいです。

貴方にも!その力があるんだよ!と。

 

そんな健気で愛らしい貴方と
一緒に美しい世界を創り
生きることの喜びを感じたい。

 

きっとこの文章を
お読みいただいたことは

宇宙の計らいだと思います。

 

何か感じるものがある方は、
今後、宇宙愛からメッセージや
エネルギーを受け取りたい方は

メルマガ登録からどうぞ。

今すぐにでも知りたい方は、
どうぞ私に会いに来てください。

魂の「再会」を、共に
魂で生きることの「再開」を
楽しみにお待ちしています。

宇宙の愛と繋がり
地球という舞台で
愛と豊かさに溢れた世界を創造する

「Love of Universe VOICE Healing」
 〜宇宙愛ヴォイスヒーリング〜

の秘密を、いよいよ神ングアウトします!

近日メルマガにて、リリースします。

メルマガ登録はこちらから。

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)